思い出の後先を考えたら寂しすぎるね。

歌番組ラッシュ。こんなに歌番組出るのってWISH(古いな…)以来のような気がする。*1忙しいだろうに番組ごとに違う曲を昔の振付でやってくれるなんてかっこよすぎない?しかも生歌だよ~。(生歌というより被せなのかもしれない。被せの音が小さくなったのかも)やっぱり歌って踊る嵐が好きだ。歌って踊るにのが好きだ。

SONGS見て本当に一旦とはいえ終わるんだとずーんとなり、CDTVをご覧のみなさん、をはしゃいで2回言う嵐を見て元気になり、ワクワク学校が最後と聞いて(結局2014年に行ったのが最後だった。なにそれ)あぁ色んなことの終わりが始まってしまったとずーんとなり、嵐の展覧会(当然のように7月分外れた)のグッズを見てこいつら最高!と元気になり。今のところは落ち込んでも励ましてくれる嵐がいるけど、2021年1月1日からはもういないんだよね。いったいどうやって生きていけばいいだろうね。

*1:WISHすごかったもん。あっちにもこっちにも赤い嵐がいた。

バーチャルアイドルとは。

とは、一体……って初めて聞いたときは思ったんです。バーチャルとは。生身の男が好きだからジャニヲタなのに。でも1回は体験するかー。なんて軽い気持ちでアプリを入れて、第1回の配信を見た結果。見事にハマりました(笑)配信全部は見てないけど一応毎日チェックしてます。この勢いで情報局入ろうとしている自分がいます。いちごちゃん(大橋くん)がかわいくて、かわいくて……。なにわ男子は同じ二宮教の信者の西畑くん、ドラマに出ていた道枝くん、山田くんに似てるなぁって思ってた大西流星くん。それ以外の人は特に印象もなかったし、推すなら同じ信者の西畑くんだろうと思っていたのだけど、大橋くんにどっぷりつかりそうな自分がいる(笑)どうなることやら。

でもやっぱ何も考えなくていいってのはいいんだよね~。まだまだふいに泣いてしまう自分がいて、あまり考えないようにするのにも別のものに目を向けるのもいいよね。ミルチが今色んなパッケージになっているけど、南の島っぽいとこで釣りしてるのもあって。それ見て泣くっていう。末期症状だなぁ。

bay storm 2019.2.3

いつも通りの進行で最後に活動休止の話題。

  「僕らはずっと5人でやってきたので、休むときも働くときも5人一緒でやっていこうという思いが強く、今回このような決断をさせていただきました」

https://mdpr.jp/news/detail/1819973

 少し早口で淡々とした説明だったけどそれが逆にいいと思ったし、休むときも働くときも5人一緒というとてもシンプルなメッセージが伝わってきました。また働くときまで待ちますよ。

Smile again!

と言いながら泣いてますけどね。Mステのことです。わたしたちだけじゃなくて嵐も泣いているじゃん。2019年2月1日のMステーションのことは生涯忘れないと思う。大げさじゃなく、生涯だよ。おばあちゃんになってもあのときのMステは~~って語りたい。またおばあちゃんあの話してるよ…って言われようともわたしはするよ。

いつもの階段のところから出てきた嵐。あそこの一番上で横並びになっていっせいに頭を下げたのって初めてなんじゃないかな。E-girlsみたいだなぁって思いながらぼんやりと見ていた。タモリとのトークで相葉ちゃんが「一度」って言って、また今一度って言った!と言葉狩りするみたいに喜んだりして。

番組通して基本的にはいつもの嵐なんだけど、なんかどこか違う気がして、この間の会見よりも違和感あった。もしかしてファンの前に出るからかな。トーク席で一瞬変な空気なったところをタモリが智に催眠術してくれて。ありがとうございますの世界。

いざ歌が始まって、君のうたがしみるしみる。このときのための曲だったかなってくらい。オーケストラと嵐の歌が気持ちよかった。5人はまだちょっと硬くて、特に智は1人だけ少し離れててカメラも全然見ない。智何も悪くないから気にせずいつも通りにしていればいいのに。嵐でもこうなるんだなって思ったりして。けど、感謝カンゲキ雨嵐でいつもとはちょっと違うけど、だいたいいつも通りの嵐に戻った。こんな感動的な感謝カンゲキは初めてだよ。なんていうか、聞き慣れてしまって、ほとんどなんの感情も呼び起こさなかった曲にここまで感動させられるとは。いつもは申し訳ないけど邪魔だなと思ってしまう番協もこのときばかりは感動の1パーツになってて。テレビの前のわたしの分まで嵐に向けて声を出してくれているような、すごい一体感があった。途中の5人からのメッセージや、最後の肩組んでぎゅぎゅっと固まったところ、また嵐が好きになってしまった。ツイッターで嵐のファンじゃない人が、嵐のMステとてもよかったし、活動休止まで2年もあるからいいなと思ったけど、これは想像以上に苦しいことかもしれないというようなことをつぶやいているのを見て。そうだよなぁって思う。2020年12月31日には一度お別れしなきゃいけないのに、好きが更新されていって苦しい。

浮き沈み。

前のブログでさも落ち着いたように見せかけてまた沈んでしまった人のブログです。夜中静かな中で会見の映像編集してたら(こんなときでも編集を怠らないヲタク…)、急にあれ?これ夢かな?って思ってしまって。そんなわけないのにね。

会見から時間空くと色んな記事出てくるね。ゲスい記事、媒体は見出し眺めて読んではないんだけど、昨日Enjoyで潤くんからはっきり言葉もらって、やっぱりクリックしなくて正解なんだって思いを強くしました。そうだよねぇ。嵐の言葉だけが本当のこと。それにしても記者会見開いてあんなに懇切丁寧に説明しても変な記事書かれちゃうのなんかむなしいな。にのに関しては見出し見る限りは女ネタだろうねー。まぁ女ネタしか書けることないからねー。しかも女ネタって別に悪いことじゃないからねー。はっはっはっ。

そういうしょーもない記事とは別に、評論家の皆々様がご高説をたれてますねぇ。それもしょーもないか。そういうのを読むとなんか違うなぁって思う部分があって。それは先輩グループのことを教訓にしてこの流れになったっていう話で。まぁそれもなくはないんだろうけど、嵐っていうのは昔から話し合うグループだし、自分たちのことは自分たちで決めるグループだ。とわたしは思っているので、なんかそこ結び付けられても…っていう。結構ジャニーズは自分たちのことは自分たちで決めるよね。コンサートの演出も自分でやるし。そんな操り人形じゃないよ。

今日はVS嵐だなー。楽しみたいな。そして明日はMステ。今から緊張してしまう。嵐はいつも通りだろうけど。

安心と信頼のさくらいしょう。

昨日のブログ仕事中に書いたんだけど(ダメ社会人)、一見落ち着いた感出てますが、家帰ったら涙止まんなくなって。そんな状態でzero見て本当にやっと落ち着いた。涙も油断したら出てくるって状態から、何かをきっかけに出てくるまでになった。

このブログでも何回か書いた気がする。翔くんがいれば嵐は大丈夫。今その思いを強くしています。あの会見をした次の日、一人でzeroに生出演。率直にこちらの知りたいことに答えてくれた印象。有働さんのインタビューがうまくてさすがという感じ。

翔くんの大野智評がわたしと同じなのがうれしかった。20年、つきあってくれたんだよ、嵐に。あの人が。それだけでありがとうなんだよね。嵐の活動を辞めるには事務所を辞めなければならないのところも、智の辞めなくていいの、のニュアンスがどんな感じかわかって、そうだよね、智だって嵐をなくしたくなんかなかったんだ、ってわかってよかった。

そして、わたしの一番聞きたかったことを言ってくれた。嵐の復活はある。自分の意見のときには必ずつける「個人的には」も何もなく、ありますと即答。待っていていいんだと嬉しくなった。待ってていいんだね。わたしは何年でも待つよ。執念深い女なんでね(笑)2021年1月にわたしは38歳だなぁ。40歳くらいには戻ってきてほしいけど2年は短いかな。

大野智という人はスポットライトを浴びるべき人だと思っているので早めに戻ってきてくれたらうれしいけど、まぁ辛抱強く待つのでゆっくりしてほしいなぁ。そして、智が戻って来たときに嵐が復活できる環境であるように、2021年以降も嵐ファンがんばる。